英語教室ブログ

2012年5月22日 12時34分57秒 (Tue)

kalako英語教室

こんにちは。kalako英語教室のkalakoこと幸子です!

今日はkalako教室の日です。

教室は月に3回火曜日に行っていますが、
2回はメイン教材のBBカード。
あとの1回を本とそれにちなんだアクティビティの
日にしています。

BBカードは基本文型をカバーした素晴らしいカードで
このカードの文章を全部言えるようになると
頭の中には会話に必要な文法や語彙が頭に刻まれている
ことだと思います。

しかし、私としてはいろんな素晴らしい本があるのですから
その本の紹介もしたいし、自ら本を読む力もつけて欲しい。
そこで月一回だけBBは使わない日とさせてもらいました。

今日はいろんな国のことを知ってもらいたい
という願いを込めて

パスポートを作ります

パスポートを作るにあたって
世界の国の紹介、国旗、そこで話されている言葉、歌われている音楽、
食べ物などを調べてシェアー出来たらなと思います。

今日の本は
“We are all alike, We are all different."

という本で私が大事にしている本です。
私の子供が小さいときに読み聞かせをしていた
一つの本ですが、

「世界にはいろんな国があって、そこで暮らす人々は皆
食べるものも違うし、話す言葉も違う、
髪の色も違うし、目の色も肌の色も違う。
パパとママと暮らす子供もいれば
おじいちゃんとおばあちゃんと暮らす人もいる。
ママと暮らす人もいれば、パパと暮らす人もいる。
でも皆いっしょの人間であって皆家族だよ」

というような内容の本です。

私の娘達は日本人ですが見た目は日本人には見えません。
学校では

”外人”

と言われるそうです。

最近上の娘は

「日本人のお父さんがよかった。そうしたら私は日本人なのに。」

と言います。

なぜ嫌なのかと聞いたら、上級生から指をさされたり
こそこそ話が聞こえるそうです。

「あの子外人やで」

と。

それが嫌なんだそうです。

娘達にも同じ思いです。
世界はひろ〜くっていろんな国があるし、
いろんな民族がいっしょに暮らしていて
”外人”と言わない国だってたくさんあります。

今は日本の中の小さいところに住んでいて
視野がまだ小さいことは分かります。

いろんな国に連れて行ってあげたらな。
きっといろんな国に行っていろんなものを
見ていろんな体験をすると
日本がもっと好きになって自分が好きになって
くれるんではないかなと思います。

kalako英語のお友達と今日会っていろんな国に
ついてお話するのが楽しみです。




この記事にコメントを書く










表示されている文字を入力してください
認証コード