英語教室ブログ

2013年1月10日 16時42分04秒 (Thu)

2013年1月より新ブログ開設

ご訪問ありがとうございます
2013年1月より下記のブログになりました
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

T-Town English〜夫婦で子供英語教室を〜
http://ameblo.jp/t-townenglish/ 

2012年7月11日 8時15分32秒 (Wed)

7/10kalako英語教室

今日はoccupation職業を先週から引き続き行いました。

先週に実はoccupationをさっとして通してから
短冊に

I hope I will be a ____.

将来なりたい職業をしたかったんです。

が時間がなく今週になってしまいました。
残念ながら七夕は過ぎてしまったけど、
皆に書いてもらった職業を置いておいて
また来年も同じ質問をするね〜と言いました。
来年は七夕に間に合わせようね。

中にはa doctorになりたお友達が2名もいたので

じゃあ、20年後先生が年老いて病気になったらみてねと言うと

「インターンになって、数年かかるから...20年後は無理かも」

としっかりしたお答え。じゃあ、30年後ね〜?

私はすっかりおばあさんです。

なりたい職業を見つけて、そのゴールに向かって
有意義な学生生活を送って欲しい。

ともう大人になったkalakoからの願い。

私が幼いときはなりたい職業はなかった。
大きくなって少し先が見えてきたときに
中国語と英語が使いこなせる通訳者になりたかった。
残念ながら中国語は全く話せないけど、
英語は昔から大好きでした!

中学生のとき世間には英会話学校があまりない時代。
英語の塾に行かせてほしい〜と母に泣きながら懇願したらしい。
私は全く覚えてない。行きたいと言ったのは覚えているけど
泣いた?とは。

それだけ英語が好きだったのよね〜。
中学で外国に交換留学生を夢見ていたあの頃。
なぜそんなに英語が好きだったんだろう?
正直、なぜ?と聞かれても分かりません。
ただ単なる英語の音が好きなんです。

そんな理由でもいいよね?
kalakoの皆にも英語が好き!でいて欲しいな。




2012年6月7日 8時26分58秒 (Thu)

今週のkalako英語教室

Hi! こんにちは。kalako英語教室のkalakoこと幸子です!

kalakoではそれぞれの生徒が
自分でピックアップした国について調べ、
パスポートを作成しながら
英語を学びました。

英語だけをターゲットにしているではなく
いろいろな国があって、言葉も髪の色も食べるものも
違うけど、皆話すための口があり、見るための目があり
コミュニケーションする言語がある。

パスポートを作成しながらおうちで調べてきた
ことを皆でシェアーし、最後に

"We are all alike. We are all different."

を読みました。

実際の写真を使っているこの絵本は
北アメリカ特有だなと思わせる場面もありました。

”皆、誰かといっしょに暮らしているよ。”

で、

お父さんとお母さんと暮らしている子もいれば
お母さんかお父さんどちらかと暮らしいる子もいる。
おばあちゃんと暮らしている子もいれば、
お友達と暮らしいる子もいる。

何かの原因で親が別々になった両親を持つ子ども、
両親が揃ってなくて祖母いる子供、
施設で暮らしている子供。

さらに、養子についても書かれています。

”誰に似ている?”

というところで

明らかにお母さんと子供の人種が
違う写真がのっています。

クラスでも養子は北アメリカではとっても
多い話だよっていうことを
話しをしました。

現に主人も養子で
初めて聞いたときはびっくり!したけれど
あまりにも普通に話すので
そんなに珍しい話ではないということを知りました。

血筋にこだわる日本人には養子をもらうなんて
まだまだ考えれないとは思いますが。

やっと完結して、来週からはBBカードをまたやっていきましょう!

小学校支援の会のミーティングで聞いたことですが、
授業の前に歌を皆で歌う先生がいるそうです。

ハローソングなどの子供の歌ではなく

幅広い世代に人気のある

"Top of the World"

カーペンダーズです。

最初くちずさむ程度だった
子供達も

”I am on the......"

のところを待ってました〜とばかり
肩を上下に振って歌うらしいです。

かわいい〜ですよね〜。

私も真似っこさせてもらいま〜す。

kalakoで歌ったところお父さんが好きやわ〜って
いう子供もいてどこかで聞いたことある
ような感じでした。

恥ずかしながらも口ずさんでくれたかな。

早めに迎えの来てくれたお母さんにも
いっしょに歌ってもらいました。
案外お母さんの方が楽しんでたかも?







2012年6月3日 22時12分18秒 (Sun)

あっというまに6月

こんばんは。
kalako英語教室kalakoこと幸子です!

あっと言う間に6月に入ってしまいました。

今週は火曜日の3クラス以降レッスンがなかったもので
ゆっくりしすぎてしまい今日に至っています。

ゆっくりと言っても何もしていなかったわけではありません。
家族のため、夫のため、そして自分のためにと
時間を使って充実した一週間でした〜。

先週のサークルは幼稚園児中心のクラス。
The very hungry caterpillarの大型絵本を使い
絵本を読みながらのレッスン。

私はとっても充実したレッスンだったと
満足です。
絵本から溢れ出す言葉の世界をいっしょに
体験できたかしら?

日本語でも有名な本だから
子供達もそしてママまでもが楽しみにしていた
とおっしゃってくれました。

kalako教室のお友達も各自調べてきてくれた
国を発表してくれました。
みんな図書館へいったりスマートフォンで
調べてくれたようです。

本当は1回で完結しようと思った
このレッスンも2回でも完結できませんでした。
今週に少しだけ持ち越すかもしれません。
BBカードもしたいし、やりたいことだらけです。

土曜日は小学校英語支援の会に出席。
実際小学校英語に携わっている先生方
の生の声を聞けたり、レッスンのアイデアを
出し合ったりとても刺激的な時間です。

私はまだ入ったばかりの新米なのに
先生方と同じように講演会のお誘いを
下さったり、小学校英語公開授業の
見学へ行かせてもらったりしています。

ありがたや〜、ありがたや〜。

私みたいに英会話スクールに属していない
講師は孤独なこともあります。
自分の世界だけに固執してしまう傾向があるので
このように外に出ないといけないと思います。

全然関係のない話ですが、

先週の金曜日の夜は旦那様と久々のデート。
結婚10年。そろそろマンネリです。
でもそう感じたらラブラブを取り戻すべく
一ヶ月に一回は2人の時間を外で持とうと
いうことになりました。

まだ結婚する前に行ったレストランへ
行ってみたり(多くはなくなっている)
して10年前にタイムトリップ。
来月も楽しみ〜。

ただののろけですね。失礼しました。

6月は梅雨ですね。
梅雨にちなんだアクティビティで
元気に梅雨をのりきりましょう!









2012年5月22日 12時34分57秒 (Tue)

kalako英語教室

こんにちは。kalako英語教室のkalakoこと幸子です!

今日はkalako教室の日です。

教室は月に3回火曜日に行っていますが、
2回はメイン教材のBBカード。
あとの1回を本とそれにちなんだアクティビティの
日にしています。

BBカードは基本文型をカバーした素晴らしいカードで
このカードの文章を全部言えるようになると
頭の中には会話に必要な文法や語彙が頭に刻まれている
ことだと思います。

しかし、私としてはいろんな素晴らしい本があるのですから
その本の紹介もしたいし、自ら本を読む力もつけて欲しい。
そこで月一回だけBBは使わない日とさせてもらいました。

今日はいろんな国のことを知ってもらいたい
という願いを込めて

パスポートを作ります

パスポートを作るにあたって
世界の国の紹介、国旗、そこで話されている言葉、歌われている音楽、
食べ物などを調べてシェアー出来たらなと思います。

今日の本は
“We are all alike, We are all different."

という本で私が大事にしている本です。
私の子供が小さいときに読み聞かせをしていた
一つの本ですが、

「世界にはいろんな国があって、そこで暮らす人々は皆
食べるものも違うし、話す言葉も違う、
髪の色も違うし、目の色も肌の色も違う。
パパとママと暮らす子供もいれば
おじいちゃんとおばあちゃんと暮らす人もいる。
ママと暮らす人もいれば、パパと暮らす人もいる。
でも皆いっしょの人間であって皆家族だよ」

というような内容の本です。

私の娘達は日本人ですが見た目は日本人には見えません。
学校では

”外人”

と言われるそうです。

最近上の娘は

「日本人のお父さんがよかった。そうしたら私は日本人なのに。」

と言います。

なぜ嫌なのかと聞いたら、上級生から指をさされたり
こそこそ話が聞こえるそうです。

「あの子外人やで」

と。

それが嫌なんだそうです。

娘達にも同じ思いです。
世界はひろ〜くっていろんな国があるし、
いろんな民族がいっしょに暮らしていて
”外人”と言わない国だってたくさんあります。

今は日本の中の小さいところに住んでいて
視野がまだ小さいことは分かります。

いろんな国に連れて行ってあげたらな。
きっといろんな国に行っていろんなものを
見ていろんな体験をすると
日本がもっと好きになって自分が好きになって
くれるんではないかなと思います。

kalako英語のお友達と今日会っていろんな国に
ついてお話するのが楽しみです。